スーパーブルー   NGBR



ホーム ご利用ガイド 新規会員様登録 シュリンプ飼育方法
会員様 特定商取引表示 送料ご案内 店舗ご案内



インフゾリア発生剤 精製加工品

動物性プランクトン



生まれたばかりの稚魚等、極小さな魚類の成長は初期に捕食する餌などの栄養でその後の成長が決まるほど大切な栄養源となります。
特に、アピスト、ベタ、めだか類のような極小さな稚魚などには必要な餌です。

稚魚のふ化前にインフゾリア、または甲羅類のゾエアなどを発生させて用意しておき、稚魚の育成に与えることで稚魚の歩留まりも向上いたします。

      
  


 インフゾリア発生剤の使用方法
  • ペットボトル2リッター容器を用意してください。
  • 水温25℃以上(28℃前後が適当) を1.5リットル入れて
  • インフゾリアの素を5g入れてボトルに蓋をして良く振って攪拌してください。
  • 泡立ちよく振って、蓋を取り水温最低でも25℃を保てるように3日から4日放置しておきますと、泡部分にインフゾリアが発生いたします。発生したインフゾリアをスポイトで取り出して、稚魚のふ化水槽に入れてあげます。
配合 成分
成分   精製米糠(焙煎加工)  ビール酵母            アミノ酸   キチン    カリウム 他

100g と 400g がございます。


会員様はこちらへログイン







所在地  新潟県長岡市栃尾本町6−5  
TEL 0258−52−1548   FAX 0258−53−5668


Copyright 2007 新潟NGBR   All Rights Reserved