バクテリア  水質管理 関連   新潟NGBR通販 



ホーム ご利用ガイド 新規会員様登録 シュリンプ飼育方法 問い合わせ
会員様 特定商取引表示 送料ご案内 店舗ご案内 リンク

レッド・ビー アピスト類 ベタ 類 大型魚類 エイ他類 カラシン類 エンゼル プレコ類
めだか類 苔取り魚類 シクリッド類 水草類 流木 ブリード餌 冷凍餌 バクテリア類

 
バクテリア  水質管理 関連   
               


バクテリア 管理剤  液体 スーパークリーン

好気性複合バクテリア酵素

スーパークリーンは、シュリンプの稚エビ育成に大切な微生物バクテリアの発生を安定させる大切なアイテムです一般に言われる水中の好気性菌は、通性嫌気性菌と言います。この菌は水中の溶存酸素の豊富な中で活性し浄化運動を行います。通常の嫌気性菌でアンモニアを分解し、通気性嫌気性菌と融合して浄化作用を行い水質を改善いたします、




粉末バクテリア剤

複合微生物酵素群を粉末加工した。バイオバクテリア剤。
溶け込みやすく改善して水槽の多いマニアに十分に使用していただけるようにしました。

全水量 1000リットルに対応
水量10リットルに1〜2g





即効性バクテリア増殖剤
  水ぴか2液


即効性 ミネラル配合
増殖酵素

新規立ち上げ水槽に即効力を発揮します。有効微生物の働きをより早く水槽中のバクテリアの活性を促進し、ビーシュリンプ、稚エビ、稚魚などの新陳代謝を活性させ元気に育てます
魚類、アルタム、アロワナ、めだかなどの育成にも優れております。






水ぴか1




弱酸性水質維持

水ぴか1は弱酸性水を好む生物の代謝を高め水質の安定維持と水質の腐敗防止に働き、エビ類の育成を促進し稚エビ育成の向上を補助します。




フルボ酸液 フルボ200



ソイルの栄養補助

使用方法。
初期のセット時にソイル4Lに10cc程を水で希釈して吸収させます。

水槽立ち上がり後、一回の使用目安15日毎に水量10リットルに1ccを添加します「1プッシュで約1ccが添加されます。」

ソイルの状況では倍量添加します




バクテリア水質管理  スーパーブルー

バクテリアの繁殖度合を測定し水質安定管理を容易にする
バクテリア増殖管理剤です。
飼育水質の保守管理剤、水質腐敗防止。
バクテリアの十分に繁殖している水槽に本剤を10cc添加すると12時間以内に透明になりクリーンな水質になります。12時間経過して透明にならない場合はバクテリア不足です、バクテリア増殖酵素の添加が必要となります。水草類に悪影響を与える細菌類の抑制。魚類へ悪影響を及ぼす白点病などの水棲菌発生防止にも使用可能です。





ペーハーコンディショナー
長期間の弱酸性水質維持に

炭素性酵素で長期間の弱酸性水維持

更に水草の活性を高め最適な環境作りが期待できます主成分 植物炭素水酵素配合、複合酵素群 
特 徴 平均PH値3.5強酸性です。初期水量30リットルで添加10ccほど添加して降下率を観察しますその後に少量づつ添加して調整します。急速な降下は避けてください。



苔の発生が強い水槽に  アクアA



最高級植物由来。アクア・A 
各種ミネラルバランス調整剤

アクア・Aは水草に悪影響を及ぼすコケ類などを分解し、また発生を抑制し水草類の活性を高め育成補助します。
ヒゲ状藻類の分解には状態により時間が掛かります。
使用目安
30×30×30cm=1回
24L=  17ccから20cc






繁殖用に 弱酸性水質安定 ブキメラリーフ (マジックリーフ)

アピスト、ワイルドベタ飼育に欠かせない必需品
抗菌作用に優れた天然乾燥葉

ブキメラリーフはアーモンドリーフとも言われ、アロワナ、アルタムエンゼル類の飼育によく使用されます。水槽の水を弱酸性の軟水にしてくれ、また、ベタ、シュリンプ産卵を促進する効果もあり、アピストの産卵にはお奨め品です。





繁殖用に 弱酸性水質安定 ヤシャブシの実

洗浄済み

抗菌作用に優れた天然乾燥。
ヤシャブシ 10個入りです。
マジックリーフの代わりに使用できます。
シュリンプ、アピストなどの飼育にどうぞ。



観賞魚全般に優れた効果 水質安定 殺菌処理済み 加工牡蠣殻

牡蠣殻を1年間酸化処理加工

錦鯉飼育に於いては必ず、必要とされるミネラル元の牡蠣殻


洗浄 酸化加工

魚の育成水質安定に最高品

酸性水質の水質安定調整に最適牡蠣殻はアルカリカルシウムの塊です、水の安定しない水槽、またPH値の安定しない水槽に最大の効果を発揮します。カキ殻は硬度を上げずにPHを弱酸性から中性に安定させます。濾過材としても良い効果が期待できます。




ホームへ戻る
所在地  新潟県長岡市栃尾本町6−5  
TEL 0258−52−1548   FAX 0258−53−5668


Copyright 2007 新潟NGBR   All Rights Reserved