プレミアソイル


ビーシュリンプの栄養管理と稚エビ育成


ビーシュリンプ繁殖飼育する方法  NGBR  ショップへ    お問合せ  




ビーシュリンプの栄養管理と稚エビ育成

   ビーシュリンプを飼育する前の準備                

   ビーシュリンプ飼育水槽セット方法                

   ビーシュリンプ飼育水質管理                   

   ビーシュリンプの栄養管理と稚エビ育成              

  シュリンプに多い水草での事故と飼育水温
     水合わせ                     
        
  ビーシュリンプの誕生 
 レッド・シュリンプ飼育動画
       120センチ水槽繁殖動画    
       90センチ水槽繁殖動画

       ブラック・ビーシュリンプ90センチ繁殖動画
     コロンビアアルタム繁殖動画

 ビーシュリンプの飼育で最も大切な楽しみは繁殖させることにあります。

ビーシュリンプの体は小さく、ご存知のように常に栄養を取るために捕食しております。
食べて栄養を取り脱皮して、食べて成長して脱皮して大きくなる成体になるまで続けます
この手助けをするのが飼育する管理者の仕事です。

ビギナーの方から質問される中で多くは、エサは必要ですかと言うことを聞かれます。

ビーシュリンプを大きく健康に育てるためには魚類以上に豊富な栄養が必要です。

植物食性の強いビーシュリンプですが、雑食性の面もあります、動物淡白も必要です。
栄養豊かに育ったビーシュリンプの体系はふっくらとしており稚エビの成長率も上がります。

過去に最大で4.2ミリのサイズに育った事がありますが、残念ながら1匹だけでその後には3.5センチ程度で止まっています。今後もがんばって作りたいと思っていますが???


 総合飼料
当店では総合飼料 商品名(お魚君エビ元気)を主食に与えております。
シュリンプ生産を行い始めてから、エビに必要な栄養源を配合して、親エビから稚エビまで与えられる万能エサを作り20年以上になります。

また、稚エビの育成用としては前記のエサに加えて甲羅成長促進剤ミネラルと微生物ですソイルの中に発生する微生物は人間の肉眼では確認できませんが、シュリンプには大切な動物蛋白として捕食しています。

ご覧いただける動画の中でも確認できますように、若エビに混じり稚エビもソイルを掘り起こして、食べているのが見れます。


   追加 足しソイル 
当店ではソイルの栄養が下がり栄養を保持する時期をソイルのブレイク時期と言っています。水槽の中に溶け出す栄養も限界があります。ソイルが使えなくなる時期とは違います。
ソイルは適切な管理を行えば水槽の中でも3年から4年以上は使用可能です。
(但し 飼育するエビの匹数でも変わりますが当店では5年は足しソイルを行い使用しております。


足しソイルの時期目安。
セットしてから60日から90日以上経過してソイルの栄養が少なくなった時がブレイク時期です。新しいソイルを追加することで微生物の発生を促すことが出来ますので、出来れば月に一度程度、新しいソイルを追加してあげてください。
30センチ水槽で100cc程の追加で十分です。ソイルが多くなってきたら追加する前にプロホース等で底掃除を行いながら適量を取り出してから追加するようにします。


 足しソイルをしないで栄養を保持する方法
 ソイルの追加以外に。ソイル栄養補助剤フルボ200を添加することで補えます。
 稚エビ育成酵素Bee1などを使用します。
 微生物発生酵素 Bee3 

  補助食に昆布
 昆布にはエネルギー分の栄養が含まれており、水槽の中に入れて溶けても、水質を汚すことはありません。 稚エビなどには良い育成用飼料となります。
昆布は水槽に入れますと大きく膨らみますので、1センチ角ほどに切て与えます。
表面が溶け始めると食べます。そのまま入れっぱなしで良いです。


 動物淡白 赤虫 鳥のささ身
生の動物淡白も必要です。 赤虫は冷凍の物です。3日から4日に一度おやつ程度に与えます。特に抱卵固体の多い場合は少し多めに。 

〇赤虫の殻はそのまま残ります。 鳥のささ身は2時間から3時間で取り出します。

  ブキメラリーフ
乾燥させた葉で、別名マジックリーフとも言われております。
シュリンプの好む弱酸性水質を維持してくれ、シュリンプも好んで食べます。
入れっぱなしで、溶けるようになりますが茎だけになったら取り出します。








新潟
とちおめだか





雪国農産













































所在地  新潟県長岡市栃尾本町6−5  
TEL 0258−52−1548   FAX 0258−53−5668



おちゃのこネット登録

Copyright  新潟NGBR   All Rights Reserved.